スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

2013年10月14日 ~鎌倉~

 
IMG_20131016_060407 (436x640) IMG_20131016_060250 (454x640) IMG_20131016_060202 (454x640)
 左:鶴岡(つるがおか)八幡宮
 中:八雲神社
 右:本覚寺


少し前の出来事ですが、記録ということで。
今月の連休最終日、鎌倉のハイキングコースを歩いた際に頂戴したご朱印です。

PA142830.jpg
八幡宮Start→鎌倉駅Goal 所要時間:約1時間半


《 鶴岡八幡宮 》
ハイキングコースのスタート地点。
相模国・一の宮です。
相模国(神奈川県)には《寒川神社》も、一の宮として存在しており、歴史が古いのは後者のようです。
PA142798.jpg
古式ゆかしい装束に身を包んだ方々の行列

お祭りかな?と思ったら
PA142821.jpg
お嫁さんだぁ((・´∀`・))

舞殿にて、華燭の典が挙げられていました。
国内外の観光客がグルリと周りを囲み、さながら写真撮影会のよう。
→私もそのうちの1人です(^_^;)
素敵な光景を拝見させて頂きました。
どうぞ、末永くお幸せに

ハイキングにかかると、そのコースは思いのほか、本格的でした(・∀・;)
ヒールやサンダルを履いていたら、痛い目にあったかも

PA142824.jpg  PA142826.jpg
PA142836.jpg  PA142842.jpg


PA142844.jpg
見晴台からの眺め
PA142859.jpg 
見晴台ふもとにて

10月半ばにも関わらず、複数の蝶が元気に舞っていました。
北海道ならトンボも見かけなくなる頃。
鎌倉って温暖なんだなぁ。


《 八雲神社 》PA142860.jpg
下山地点でした。
(すれ違った方々から思うに、私達は逆周りをしたのかも…)

こちらの神社は、由緒書によると平安朝時代までさかのぼるそうで--。
悪疫の流行を救わんがため新羅三郎義光公が『厄除神』として霊験の聞こえた京都の祇園者を勧請し篤く祈願したところ、鎌倉の住民は難を救われたという。
当時の社号は《鎌倉祇園社》《祇園天王社》と称されていたが、明治維新後に改称し現在に至る--ようです。

規模はそれほど大きくなかったように感じましたが、参拝ツアー客と思われる方々…20名位?で混雑していた為、境内の写真は撮れず。
お参りをして、ご朱印を頂くのみでした。


《 妙厳山本覚寺 》
日蓮宗のお寺で、建立は1436年だそうです。
PA142866.jpgPA142867.jpgPA142869.jpg

お寺には珍しく、手水舎がありました。
神仏習合の時代に建てられているお寺には、そういった造りも多いのでしょうか?

こちらのお坊さん、寺務所のパートさん(?)60代くらいの女性と、結婚しない今日日の成人男性を嘆く…という世間話をしながら、朱印帳に記して下さいまして。
なんかこう、シュール?な印象でしたネ(-∀-`; )
そうそう。
2代目住職・日朝が『眼を治す仏様』として知られていたことに由来してか、目薬がお土産として販売されていました。


鎌倉には他にもハイキングコースがあるようなので、また訪れる機会をつくりたいと思います。
スポンサーサイト
別窓 | 御朱印 | コメント:0 | トラックバック:0
2013-10-29 Tue 12:56 ∧top | under∨
<<キタッ! | = トキニアタル = | 10年ひと昔>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

∧top | under∨
| = トキニアタル = |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。