スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

2010年12月12日 家族が増えた日

本日は晴天。室温24℃。
つい先程まで、窓を開けておりました。
IMG_1332.jpg  IMG_1334.jpg
遠方のイチョウ&ベランダ菜園

ミニトマト&お茄子、まだ頑張ってくれています。
関東の冬、スゴイ

さて。
3年前の今日、曇り空の寒い日に…
IMG_1331.jpg 
「ポカポカでネムい…

我が家にネコさんがやって来たのです。

あれ…?
今日撮ったこの写真を見て、かかとの毛が小さな束になって抜けた時のことまで、思い出してしまった。
ビックリして抜けた毛束を持って、近所の病院に駆け込んだんだよ。
で、先生に苦笑いされたっけ。
「ヒトのかかとがカサカサになるみたいな感じです。」って。

もっと、遡ると--

= 2010年12月某日の里親募集HPより =
1629590626_4[1]
家でキジトラの野良猫が、10/2に子猫6匹を出産し、母猫と共に保護しました。
今も毎日お母さんのおっぱいを飲んでいて、健康面や抵抗力では問題ありません。
離乳食やドライフードも、食べられるようになってきました。
全員オスで、穏やかでひとなつこいです。トイレしつけ済みです。
毎日兄弟と元気イッパイ遊んでいるので、社会性も養われています。

オスはひとなつこくて甘えん坊さんが多いので、家ねことして飼いやすいでしょう。

IMG_20130715_014553 (320x240)

③シャム風 880g 
 ブルーアイ

一番活発で、おもちゃに目がありません。

この記事が、我が家の王子との出会い。


実は最初、2匹飼いを前提で里親のお話を進めて頂いたのです。
しかし、生き物の飼育経験のないニンゲンが、仔猫をいきなり2匹迎えるというのはハードルが高すぎるのではないかというE氏の意見に反論する自信もなく、引渡し当日に保護主さん達のご理解を得て、1匹のみを連れ帰ることとなったのでした。

冬の公園で兄弟が離れ離れにされることに気付いた、小さなネコさんの寒空に響く悲痛な抗議の叫び。

「この、猫さらい!ボクは、どこにも行かない!!」

泣き止まないネコを抱え、保護主さんへの挨拶もそこそこに公園を後にしたのは、今でも忘れられない12月12日の思い出です。

timgc114603.jpg

『絶対に、この小さな命をおろそかにしない。』
当たり前のことではありますが。
これだけは常に念頭におき、縞々のお母さんから預かった命の塊と日々を過ごしています。

RIMG0125.jpg
「出ないモン絶~対
 
夕方、家に到着したと同時に立てこもったネコさん。
2時間近く出てきませんでした。

RIMG0124.jpg
首輪…というより首飾り
後日、仔猫用を購入 
姿を現してくれただけで、ホッとしたなぁ。
 
これからも

どうぞ 
IMG_7461.jpg
ヨロシク。
スポンサーサイト
別窓 | ネコ | コメント:0 | トラックバック:0
2013-12-12 Thu 11:57 ∧top | under∨
<<ネコと冷蔵庫 | = トキニアタル = | 招け♪ネコ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

∧top | under∨
| = トキニアタル = |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。