スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

2013年・春期おやつ 《苺》 PartⅡ

IMG_20130516_122323_convert_20130516141348.jpg
あれ?…黒い
左:明治『たけのこの里 つぶつぶいちご』
右:グリコ『Pocky つぶつぶいちご ハートフル』

素通りなんて、できません

《つぶつぶいちご》

コピーまで一緒です。
少子化の昨今、“かつての子供”を取り込む、企業戦略なのでしょうか?
いやぁ、まんまとはまっちゃうなぁ。その戦略。
IMG_20130516_122207_convert_20130516141518.jpg 
Pockyの箱の裏に、描かれたスヌーピー。

「なんでも、やってみなくちゃ。」

ちょっと心励まされる、その一言。

※以下、個人的な覚書です。スミマセン。



スヌーピーといえば、学生時代に英語の先生が話題にしていたことを思い出します。
肝心な英単語は、定かではなく…。

確か 《~phobia = ~恐怖症》だったかと、思うのですが。

「スヌーピーはアメリカでは『ピーナッツ』といいます。
アニメションやユニバーサルスタジオなどで、可愛いキャラクターとして子供に人気があるのですが、
コミックには現代病であるストレス社会を風刺するといった、シビアな大人の視点で精神性の高い作品も多く描かれています。」

で、前述の単語もスヌーピーの作品に出てくるもの、といった内容だったような。
スヌーピーの啓蒙書なんかも、以前よく書店で見かけたりしたような。

時を経てもなお、普遍的なその世界感が広く愛され、何かと諦めがちな現代のニンゲンにエールをおくる。
そしてそれを受けた、ニンゲンはちょっと視線が前を向く。
素晴らしいと思うのです。

いやいや、お菓子ひとつに、随分と思いを寄せました。
そんな商品を世に送り出してくれた、グリコさんにカンパイ。
スポンサーサイト
別窓 | モノ | コメント:0 | トラックバック:0
2013-05-16 Thu 16:13 ∧top | under∨
<<泥棒ネコまで1秒前 | = トキニアタル = | 若人へのボヤキ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

∧top | under∨
| = トキニアタル = |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。