スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

コンナハナシ ~ 老婆心 ~

素朴な疑問。

今時の『恋文』事情って、どうなっているんでしょうかね?
いや、特に恋じゃなくてもいいのだけれど。

たとえば、社会人になって想い出を振り返ってみたい時--
高校・大学時代に貰った『お気に入りメール』なんかは、microSDに保存してるのかな?

私がまだ、正真正銘の『女子』だった頃の、友達やカレシとの意志・感情の伝達方法--

・直に話す
・家電
・手紙

今だとメールやSNSが主流だよね。

応答にかかる時間は瞬時だし、便利だけどさ。
たまに手紙を書くのも、悪くないと思うよ。
便箋の柄を選ぶのひとつでも、私は楽しかったな。
返事がくるまでの、ワクワクやらドキドキやら。

ペンの進む勢いとか、筆圧とか。
そういうものにある、趣きを感じてみるというのも乙なものかと。
まぁ、漢字の間違いなんかは、ご愛嬌だって。

こういう感覚って、世代の差?


ひょんなことから、昔に貰った手紙を無性に読みたくなって、引っ張り出してみました。

何の変哲もない学校生活で感じたことを綴った、手紙。

読んだ後に思ったことは、ニンゲンの根幹というか…本質というものは、随分な時を経ても変わらないものだなぁ、と。
言い方を換えると『たいして成長していない』ということだけれど(^_^;)

それはそれとして。
その情景を思い浮かべると、嫌なコトもあったけれど、楽しかったコトも案外多くて。

手紙の中の『何の変哲もない生活』で、ささやかな幸せの中にいた自分をすくいあわせて見るのも、自分史のひとつというか。

デジタルもいいけど、アナログもね的な。

このきっかけを作ってくれたキミには、ちょっと昔を振り返った時に『素敵な想い出』と笑みがこぼれるよう、色々な選択肢を自分の眼で見極め、失敗は貴重な経験として、現在を大切に過ごして欲しいと願うワケです。

以上、中年の主張でした☆
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0
2013-08-07 Wed 18:27 ∧top | under∨
<<コンナハナシ ~ 七夕 ~ | = トキニアタル = | PENTAX WG-3 GPS ~ Part.Ⅲ(☆)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

∧top | under∨
| = トキニアタル = |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。