スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

コンナハナシ ~ 七夕 ~

関東に住まう私ですが、脳内暦は北海道仕様です。
従って、本日は七夕。
晴天に恵まれて、この様子だと織姫と彦星は再会を楽しむことができるでしょう

七夕で思い出すのが『ロウソクもらい』です。



小学校中学年から卒業までの4年間、私は北海道第二の都市・旭川で過ごしました。
転校して驚いたことはたくさんあったけれど、中でも印象に残っているのが、コレ。

提灯に火を灯して、まったく知らないお宅のチャイムを鳴らしまくり、玄関先で歌ってロウソクをせびる

「ロウソク出せ、出せよ出さないと引っ掻くぞおまけに噛み付くぞ
(地域により若干歌詞が異なります。)
※参考映像※

数名のグループで、練り歩くワケです。
大体のお宅では、子供たち一人ひとりにお菓子の詰め合わせを用意してくれていました。
中には、駄菓子を買えるくらいのお金だったり、お菓子袋の中に本当にロウソクを入れてくれた人もいたような記憶があります。

ウハウハだったなぁ。子供心に。
今思えば『ドーナツ化現象』で、街の真ん中にいる子供が少なかったからこそ、周りのオトナもそういった風習を大事にしつつ、訪れを楽しんでくれていたような。

中学にあがると同時に、私は味も素っ気もないベッドタウンに引っ越した為、この行事に参加する子供がいくつまでなのか分かりません。
E氏の友人で、高校生まで参加していた猛者がいるというハナシを聞いたことがあるのですが…。
そこまでいくと、なかば『恐喝』に近くなるような気が…。
オトナの階段の高さは、ヒトそれぞれといったトコロなのでしょうか

現在の私はお菓子を用意する側になったのですが、海を隔てそのような習慣には縁のないマンション住まい。
ただ懐かしむばかりです。
北海道転勤、ないかなぁ。

ところで。
この『ロウソクもらい』何かに似ていると思いませんか

--そう。
『ハロウィン』ってヤツに

釈然としない気持ちをず~っと抱き続けているのですよp(`ε´q)ブーブー

日本にも似たような文化があるのだから、そちらを大事にしてもイイんじゃな~い
なんでもかんでも、アメリカナイズじゃなくたって、さ

10月末日にも、吼えていそうです私。

『ロウソクもらい』永遠なれ
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:2 | トラックバック:0
2013-08-07 Wed 18:29 ∧top | under∨
<<2013年・夏期おやつ PartⅡ | = トキニアタル = | コンナハナシ ~ 老婆心 ~>>

この記事のコメント

子供の頃は何の悩みもなく本当に幸せな時期だったなぁと思い出します(^^)
母から散々聞いた話があるんですが、今のようにスーパーなんてない時代は「肉」を買うにも一週間前に万屋に予約しなくちゃいけなかったらしいです^^;
どれだけ歳を重ねても、まだまだ知らない風習がたくさん残ってる日本。
大切に残してほしいけど、受け継ぐ者がいないというのも淋しい問題ですね・・・
2013-08-08 Thu 09:51 | URL | halu #- [内容変更]
> haluさん
お肉を手配するまでに、一週間! W(゜Д゜)W
普通に驚いてしまいますね!!
行ってみなければわからない、その土地の風習。
受け継がれるべくして続いていただろう幼少時代のその光景は、離れてみて初めて素晴らしさに気付くものなのでしょうか?
憧憬だけではどうにもならないし。
種を植える感覚で『越県留学』ホームステイみたいなものでも、学校行事でしてみたらいいのになんて思っちゃいます。
(ヒトの子を持たない私が言うのもナンですが(^_^;))
2013-08-08 Thu 11:47 | URL | kimashi #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

∧top | under∨
| = トキニアタル = |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。